2017年5月24日水曜日

【にわかAVマニアの二匹目のどじょう】セットトップボックス A95X R1+5.1chデコーダ+PAM8610 試用レポ

中華セットトップボックス Zidoo X8を買い、満足して使っています.二匹目のどじょうで中華セットトップボックスをもう1台買いました.X8は1万円もしましたが、2台目は¥2500の安物です.

↓A95X R1という型名で中華通販でたくさん売られています.Android6ですので、ソフトウエア的にはX8と同じようなもんです.しかしRAMが1GBしか載ってません.同梱物はこの写真が全てです.

↓サラウンドオーディオをアナログに変換してくれるこのようなデコーダもあるので、これと組み合わせて使ってみます.¥2500ぐらい.

↓さらに、PAM8610というD級アンプを動かしてみました.¥300

↓以上を組み合わせて試験運用している風景.

------
それではまず分解からやりましょう.

【A95X R1】
↓A95X R1はとても小型です.90mmちょっとしかありません.
↓A95X R1のコネクタはたったのこれだけ.SPDIFの仕様が不明です.
↓蓋を開けるとプリント基板が1枚あります.メインLSIは放熱器の下にあるので見えません.動画再生中はそれなりに熱くなります.
↓プリント基板名称とrevisionが見えます.
↓SANDISKの8GB FLASH
↓LANコネクタの周辺.囲いの中に見えるSWはたぶんリセット.右下にはLANのパルストランス.SPDIFは光リンクではなく、3.5mmジャックです.
↓HDMIコネクタ周辺.左は5V電源コネクタ.右はAVコネクタ.
↓左から、SD card、USB2、USB2
↓SPDIFはピンプラグで引き出します.オシロで確認したところ3.5mmジャックの先っぽの電極がSPDIF信号です.その他の2つの電極は未接続っぽいので、3.5mmジャックでありさえすれば、モノラルorステレオor3極のいずれでも使えそうです.

【5.1chデコーダ】
↓次は、5.1chデコーダの分解です.光リンク2系統、ピンプラグ1系統のinputを持ちます.AUXの意味は知りません.出力はアナログ5.1chです.アルミの引き物のケースが安っぽいのでデザインを変えたらいかがでしょうか?
↓プリント基板はこのようになっていまして、価格の割には真面目に設計されているように見受けられます.
↓dolbyやdtsのデコーダーが内蔵されていると思われるメインLSI VA669の素性は不明.
↓なんとこんな場所でSTM8S003F3 CPUにお目にかかるとは.8bit CPUです.
↓25L6405は 64Mbit SERIAL Flash です.意外なほどの大容量FLASHがどうしてここに在るんだろう?  STM8SはFLASHを内蔵しているはずだから、VA669 がFPGAで25L6405はFPGAのためのprogramming FLASHなのかもしれません.
↓ES7144LVは 24Bit  192kHz Stereo DAC です.5.1chですから3チップです.ここからdigital dataを外部へ引き出して遊べると思うんです.

【PAM8610アンプ】
こういう接続だそうです.PAM8610には電子ボリウムが内蔵されているので、5.1chの音量調節がやりやすくて便利だと思います.今時6連ボリウムなんか売ってないですから.

------
使用感について.

↓A95X R1のホーム画面です.
・沢山のアプリがインストされすぎていてビジーです.
・RAMが1GBしか載ってないためだと思いますが、アプリのインストorアンインストの度にフリーズしてしまい困ります.A95X R1を買うならRAMが2GB以上の製品にトライするのが無難かと思います.飽くまでも想像ですが.
・救いは、TVMCという動画再生アプリは安定して動作することです.
・Android6+TVMCは基本的にZidoo X8と同じですので、動画再生機能はX8と同じと思って良さそうです.
・HDMIおよびSPDIFから5.1chサラウンドを再生できることを確認できました.
・USBメモリ上の動画ファイルの再生を確認しました.
・ホーム画面からshut downできません.リモコンの電源ボタンの長押しでshut downできます.

総合評価としては、リビングで日常使いするにはA95X R1 1GBは不向きかと思います.試験用途ならOKでしょう.¥2500ですから文句を云う気はありませんが.

5.1chデコーダは、SPDIF信号を突っ込んで出てくるだけですので特に感想はありません.

PAM8610 Dクラスアンプは、へーっ本当に音が出るんだーと感心したのみでおしまい.音質はどーせたいしたことはないのでしょう.小型で便利ですね.

以上報告おわり.

【驚愕】「デリバリーお姉さんNEO」第5話、23分間の1カットをかくにん! →伝説のお姉さんNEO

先日、デリバリーお姉さんNEOの第5話予告が23分の長回し=1カットだという情報を拡散しました.

だけどねー、信じてなかったのよ.だってABパート中間のCMはどうするのよという問題がありますからね.頑張って4カットを繋いだくらいじゃね?というのが妥当な予想というものでしょう.

昨夜、デリバリーお姉さんNEO第5話が放映されました.かくにんの結果、
CMをすっ飛ばして本当に23分の長回しでした!
あぁ、素晴らしい.何処までが台本で、どこがアドリブなのか、想像つきません.

ド根性なスタッフと、一度もカメラ目線しなかった役者はエライかも.

↓どこかの路地を歩いているエリーさんとマコ.
↓公園へ入る.二人の次の仕事は結婚式の芸である.芸を何にするかを議論している.背景に写り込んだ時計の時刻は6時頃だが朝なのか夕方なのかは不明.だんだんと画面が暗くなってゆくように見えたので18時だったかも.
↓お札の手品に失敗するエリーさん.だんだんと腹が立ってゆく二人.
↓喧嘩してしまう二人.いい加減そろそろCMだろと視聴者としてはハラハラしてしまうがCMは入らない.マジ?
↓カレー屋に入ろうとする.カレーライスなら食べたいけどナンは食べたくないと言い争いは続く.
↓そこへ汗臭い店長もカレーを食べにやってくる.店長曰く、二人のその会話が芸になってるじゃん.
↓店長にカレーをおごってもらうことになり、まんざらでもないエリーさんとマコ.

以上で23分とちょっと、本当に1カットでした.
伝説のお姉さんNEO になりました.

かしこ

2017年5月22日月曜日

ジャンプスターターに今を感ずるわたくし

わたしが過去を振り返るとき、思い浮かべるのはその時節に流行していた家電製品とそれに使われていた電気回路技術なんです.

70年代
ソリッドステートのカラーテレビ.バラすとCRTの高電圧が吸着した煤で手がまっ黒になる.プリント基板にはまだICはほとんど見当たらず、2SCxxxと1/4Wのリード抵抗が満載、プリント基板は片面ベークライトでした.
小金持ち世帯にはベータマックスがありました、うらやましかった.

80年代
急速にエレキテクノロジが変貌した時期で、リード抵抗は少なくなり表面実装パーツが幅を利かせるようになりました.初期は2.54mmピッチのICが多かったけれど、後期には0.8mmピッチのQFPまで進化しましたかね?
だけどまだモバイル機器はwalkmanぐらいしかなかったし、モバイル機器のバッテリーは単三かNiCdでした.

90年代
初期にはMacやDOS/Vマシンが流行し、PC自作のための剣山のようなCPUが登場しました.中盤にポケベルが流行したかと思いきや、後期はすっかりケータイ・PHSに置き換わりました.リチウムバッテリー登場.TVもモニタもまだCRTでした.ハイエンドオーディオは死に体になってゆきました.プリント基板は表面実装しか存在せず.

00年代
前半後半で最大の違いは、スマホの普及でしょう.表示デバイスはLCDオンリーになり、CRTは駆逐され、そのせいでソニーはピンチになりました.
表面実装部品は1005や0603のようなもはや小さすぎて目で見えない領域へ.



2010年代
00年代のマインドセットのまま小型・高速・スタミナが進展しているという印象で、大きな変革はもうあまり生じておらず、電気業界はワールドワイドで寡占化・新興工業国生産・コモディティ化へと邁進します.基本的にエレキハードウエアビジネスは一部の労働者しか幸福にしない末期状態かと思います.


そんなもはや何も起こりそうにない退屈な201X年のある日、Amazonで気になる電気製品を知りました.正直言ってカルチャーショックでした.

右写真がそのカルチャーショックグッズなのですが、一見してリチウム電池内蔵のモバイルバッテリーでしょ?と思うわけです.事実そういう利用も可能です.

しかしこの商品名は「ジャンプスターター」といいまして、バッテリーの上がったクルマに接続してセルモーターを回すデバイスなんです.

しかしクルマのスターターって半端ない電流を喰いますからね.20Aぐらい行っちゃうんじゃないかしら?  瞬時大電流と云うと50歳代の自分としては鉛電池一択というのが脳内通念なわけです.
それなのに、、、こんな小さなリチウムバッテリーでセルモータをkickしてしまうとは、もはやわたしの旧来型通念では追従不能な領域であると云っても過言ではありませんぞ.

研究開発中のバッテリーにはリチウムの10倍を達成できると期待されるものもあるとされ、それが実用化したら、バッテリー上がりのクルマにスマホを接続してセルを回すとでも云うのだろうか??? ぐぁぁぁ
そんなプラスチック爆弾みたいなエネルギー密度を抱えて誰しもが飛行機に搭乗するんだろうなぁ、、、くわばらくわばら.

かしこ

「君の名は。」WATCH 最終回、、、興収249.4億円で打ち止め

オレもJKと入れ替わりてぇなぁ...

不定期でお送りして参りました「君の名は。」WATCHは今回を持ちましてその役目を終えます.長い間「君の名は。」の興行収入チェックにお付き合いいただきましてありがとうございました.

↓これを書いている2017年5月22日時点の興行収入は249.4億円で、これにて打ち止めと推測されます.

打ち止めと推測される理由は何かと云うと、2週間前にBDの発売がアナウンスされまして-----たしか7月26日発売だったかな-----その余波だと思うんですが、劇場興行収入の伸びがピタッと止まりました.そう遠くないうちに劇場公開も終わるのではと思います.
「君の名は。」のようなオバケ作品は滅多に出るものじゃありませんが、それでも「アナ雪」を超えられなかったのは残念でした.

BDが出たら家で見直そうと思います.神楽殿の舞と、片割れ時を観たい.

↓ヒラサカの興収メモ
 11/7    180億円   +5
 11/14  185億円   +5
 11/21  190億円   +5
 11/28  195億円   +5
 12/5    200億円   +5
 12/11  205億円   +5
 12/19  209億円   +4
 12/26  213億円   +4
 01/10  229億円   2週間で+16    ←盛り返してる
 01/16  232億円   +3
 01/23  236億円   +4
 01/30  238億円   +2
 02/06  240億円   +2
 02/13  242億円   +2
 02/20  243億円   +1     ←伸び悩んでるな
 02/27  244.6億円   +2    ←四捨五入しちゃったんだけど記憶では1.6億
 03/05  245.7億円   +1.1億
 03/13  246.5億円   +0.8億
 03/22  247.4億円   +0.9億    3連休明け   ギリギリ10位
 03/28  247.8億円   +0.4億     ついに10位以内から脱落、がんばれ!
 04/04  248.3億円   +0.5億
 04/10  248.7億円   +0.4億
 04/17  248.9億円   +0.2億     厳しくなってきた
 04/24  249・1億円   +0.2億     虫の息か? 蘇生しろや
 05/02  249.2億円   +0.1億     上がれっ!
 05/08  249.4億円   +0.2億     GWで少し復活
 05/15  249.4億円   +0          BD発売発表の余波か? 止まっちまったぞおい!
 05/21  249.4億円   +0          これにて終了

かしこ

2017年4月期のアニメ、感想など


2017年4月期のアニメは6話ぐらいまで進んでいます.感想を少々.順序はひら的お好み順です.

進撃の巨人 Season2
妻と子供は原作を知っているが、わたしに対するネタバレ禁止を厳命してある.なので超大型巨人と鋼の巨人の正体が唐突に明かされたのには腰が抜けた.今後もネタバレ禁止なわたしだが、かまってちゃんのEDが世界観をネタバレしているのでなるべくEDを見ないようにしてるところよ.

覆面系ノイズ
少女マンガ原作のバンドアニメが今期2番目の面白さとは驚く.今後とも有栖川仁乃にはライブの度に発狂してもらいたい.本作を観ていると、オタク要素の詰め合わせとか、作画品質とか、多くのアニメ企画が苦心している事柄なんかどーでも良いんだよなぁと思ってしまう.

正解するカド
テロップによると東映動画原作らしい.今のところは宇宙人とのコンタクトを上手く描けているようだが、保守的な東映動画があっと驚く優秀作品を創れる可能性がゼロなのも事実なわけで、後半で失速してやっぱり東映動画だからダメだったーとなるのだろう.
無限電力発生装置ワムは、DC定電圧源なのか、AC100V50Hzなのか、電気屋としては系統とのinterfaceが気になります.既存送電系統への接続性を考慮すると、3相ワムのリリースをヤハクィザシュニナに依頼するのが吉だろう.

冴えない彼女の育てかた♭
我ながら驚くのが、本作が4番目という事実だ.進撃と冴えカノで安定の1・2フィニッシュだろうと予想しとったんだがね.製作スタッフは1期と同じだけど、2期の演出は微妙に冴えない.2期の演出からは、綾小路きみまろのネタのような、面白いコトを喋っているから面白いはずだ、という類の堕落を感ずる.1期では、各キャラは真剣に行動しているんだけど、集団を俯瞰視した時に見られる齟齬感にニヤリッとしたものだったが.

アリスと蔵六
ほのぼのキャラがシリアスで血みどろ毒々な場面を見せる「まどマギ」的引っ掛けだろうと予想したのだが、ほのぼの優勢で推移している模様.
小松左京「ゴルディアスの結び目」の方向へ進んでほしかったが、どうやらそうではないらしい.

ベルセルク
グリフィスが登場するととても楽しいのだが、たまにしか出てこないのが残念.魔王キャラが登場する作品に出会うとわたしは、魔王による世界制服を願って興奮するのである.グリフィス然り、夜神月然り、飛鳥了然り、、、だが本作はガッツによって成敗されてしまうのだろうよ.悪が栄えて欲しいものだ.

Re:CREATORS
Black Lagonの原作者による作品.ラノベのキャラが多数現実化し、世界制覇をたくらむ悪キャラが居てそいつと闘って、、、現実セカイで皆仲良く暮らしましたっていう萌えオチを希望する.そしてそのキャラ設定をカスタマイズできるとしたら、、、キミはどのキャラを自分の所有物にする? オレは依媛奈緒+棚町薫+アルクェイドを所有して同時に楽しむつもりよ.

第1話のラストで主要キャラが自殺しちゃったのは驚いたが、その後の展開が地味すぎてあまり楽しめていない.
月がきれい
こんなに低いランキングでごめんなさい.日常を淡々と描いた難しい作品を丁寧に作ってあるのは判っているんです.でも退屈.
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
学園魔術戦闘モノ、、、、魔法科高校の劣等生みたいだ.
sin 七つの大罪
エロい.十束真莉亜をもっと虐めてもらいたい.テロップで「Aika」の西島克彦の名前を見かけて期待が高まったものの、第2話絵コンテのみの助っ人参加だったようだ.
恋愛暴君
ラブコメ.EDが耳に残る.
武装少女マキャヴェリズム
学園武術戦闘モノ.これといった特徴の無い作品.
エロマンガ先生
ツンデレの妹に振り回される兄、以上で説明完了.
オタク要素をちょちょいのちょいっとつまみ食いして詰め合わせたのがオタク作品であるとは云え、この作品はあまりにも安直過ぎて少しも楽しくない.このスタッフは「覆面系ノイズ」のスタッフの爪の垢でも飲めば少しはマトモになれるだろう.

終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?
タイトルはいい感じで期待したが、人でない女子が闘ってほのぼのと死ぬ話でした.いまのところ面白い気はしない.
「終わりのセラフ」の後日談ですかと思ってしまったのは人類最後の生き残りであるこの男性がそれっぽく見えるからだ.

僧侶と交わる色欲の夜に…
あの坊さんが気色悪くてすぐに見るのを中止した.

今期は、スタート時点で大いに期待したものの、次第に化けの皮が剥がれ落ちた作品が多いんだなこれが.

かしこ