2017年4月25日火曜日

【にわかAVマニアの人柱】セットトップボックス zidoo X8 輸入&試用レポート

zidoo X8を輸入して試用レポを書いた日本人はここが唯一だと思います.zidoo社はお礼のためにわたしにX8をプレゼントしてくれたらうれしいですw  日本でも売れますように.

以下では様々な動作確認状況をレポしてますけど、「ヒラサカが動いたと書いてるのはウソだ.ウチでは動かなかった.どうしてくれるんだ?」と文句を言われても「知らねぇんだョ」としか言わないので、素直に死んでください.

【概要】
zidooは中華メーカー名で、X8はモデル名です.

X8とはセットトップボックス(STB)です.いろいろなファイルを再生できるかもしれないと期待して購入しました.先日の記事で、荷物がロシアへ行っちゃったと書いたはこのX8のことだったのです.オーダーしてから3weeksで円満に届きました.
X8のお値段は、¥10461ですから、中華製STBにしては高価な部類です.ロシアで行方不明にならないでよかったよかった.

X8はAndroid6.0マシンです.低specのAndroidマシンって、動作が遅くてクソな場合が多いじゃないですか.なので、ちょっち高価なマシンを買ってみました.ひら的には買ってよかったです.


【同梱物】
ペーパーを除き、この4点が入ってました.リモコンの電池は入ってませんでした.SDカードもなし.オーディオ光ケーブルももちろんなし.


【いきなり内部状況】
どーせ保証はないので、いきなり分解しました.
↓小さな基板が1枚入っているだけです.これなら奥行きをもう少し小さく出来そうなもんです.まぁ4枚切りの食パンみたいなサイズですから、これ以上小型化する必要はないかもしれません.
↓プリント基板の拡大写真.緑色の囲いを拡大すると、X9Sという、X8の上位モデル名が印刷されています.X9SはSATAを有します.右の赤い囲い部分にはSATAコネクタをつけられるようになっています.基本設計はX9Sで、そのdown grade版がx8であることが判ります.
コネクタを見ると、HDMI-INって何だ?と思われる方がいらっしゃるでしょう.その説明は後でします.


【追加必要物】
・マウスは在ったほうがよろしいかと思います.(無くてもリモコンで運用することは可能だがかったるい)
・KBDは、chromeを使うなら文字入力のために在った方がよろしいかと.(Google Playも使えます)
・TVは欠くべからずですねw
・AVアンプはサラウンド再生したいわたしには必須アイテムで、ソニーSTR-DN840を使います.
・X8をスマホから制御するアプリがプリインストールされていますので、それを使いたい人はスマホを用意したらいいでしょう.

↓マウスは、elecomのBluetoothマウスが認識・接続は出来るんだが、どういうわけかマウスとして全く働かない.カーソルが動かないという症状でした.
↓代わりのマウスとして、Logicool M170(非BT)なら使えました.現状のわたしは、マウスはM170を、KBDは家に在った知らないBT-KBDを使うことに落ち着きました.


【起動画面】
右上のボタンがsettingです.Androidの設定画面ですから、Androidを知ってればサクサクと設定できます.
MEDIA CENTERボタンから、外部USB HDDや、WIFI越しのwindows SMBにアクセスできます.
ABOUTボタンから表示されるfirmware versionは、1.2.11です.


【電源トラブル】
PCモニタでは生じないトラブルと思いますが、TVに接続して生じたトラブルです.
TVをスイッチオフすると、TVに連動してX8の電源もいきなりブチッと切れます.そういう動作設定がX8のデフォルトになってます.X8のOSは曲がりなりにもUNIX系のOSが走っているわけですから、いきなりブチッはないでしょう.
いきなりブチッを止める方法があります.home画面のquick settingからAndroidの詳細設定へ入り、HDMI CEC Functionsというのを探して下さい.そして同機能をオフにします.こうすると、TVからHDMIを経由して飛んでくるコマンドをX8が無視するようになります.


【外部HDD】
NTFSでフォーマットした3TB HDDをUSB3.0ポートに接続し動作しました.
使ったHDD BOXは、GW3.5AX2-SU3です.


【日本語ファイルネーム】
問題なく表示されます.


【HDMI-INとは何か?】
起動画面からHDMI-INへ入ると、3つの機能をセレクトできます.
1)Start Recordは、HDMI-INへ入力された画像を録画できる機能です.なんかすごい機能ですね.GAME画面を録画できるものと思います.この機能は試しておりません.

2)Star PIPは、Picture in Pictureの略です.つまりHDMI-INの画像をスーパーインポーズ表示してくれる機能です.windowsの画面をPIPしてみましたら、ちゃんと動きました.

3)Start Broadcastは、ネットワークへ向けてstream-outできるらしいです.そのプロトコルがDLNAなのかどうかは知りません.この機能は試しておりません.

わたしにとってはHDMI-INを使う場面は無さそうです.


【動画ファイル対応状況】
こういうのはカタログ表記が全然信用できませんので、わたしが実機確認したものを記します.「ZDMC経由ギャラリー再生」にて、
mpg, m2ts, ts, mkv, DVD-iso, BD-iso, MP4, flv
codecとしましては、いわゆるMPEGの他に、これらも再生できています.
1920x1080 8bit AVC/H.264 progressive
1920x1080 24bit windows media VC-1

ただしBD-isoの再生可能状況には諸問題があるので要注意です.


【BD-iso再生の諸問題】
わたしの要求をまず書きますと、
  要求1: フォルダ内の動画ファイル(複数)を自動で連番再生できること
  要求2: BD-isoを再生できること
  要求3: BD-isoに記録されたトラック(複数)を自動で連番再生できること

結果はこうなりました.これらの結末はX8の問題と云うよりも、アプリの機能不足で満額回答には至らずでした.
  要求1: OK
  要求2: 映画のBDならばまぁOK
  要求3: アニメBDのような複数トラックはNG
要求3の挫折状況は、例えばBDにアニメの1~6話がトラック別に記録されているとします.そのBD-isoを再生すると第1話だけしか再生されません.手動で第2話へ移動すれば第2話を再生することは出来そうでしたが、その手間は嫌です.

X8には、2つの動画再生アプリがプリインストールされています.ZDMCというアプリと、Home Theaterというアプリです.実はこれらは動画再生機能を持たず、一種のファイルマネージャ的な機能なんです.バックグランドで動画再生しているのは、お馴染みのギャラリーです.つまり、BD-isoを再生している主体である最も偉い人は、ギャラリーなんです.本稿では「ZDMC経由ギャラリー再生」などと表記します.
本日時点で、PCにせよAndroidにせよ、BD-isoを再生できるフリーアプリはこのギャラリーだけだと思うんです.あのVLC playerですらBD-isoには未対応ですから.どうしてAndroidの片隅にこんな偉い奴が居るんだろう???

ただしそれでも、ギャラリーのおかげでBD-isoの再生が万全なのかというとそうではなくて、問題は主に2つかな?
   問題1: BDメニューが出ない
   問題2: 複数トラックが存在しても1トラック再生後にexitしてしまう
ゆえに、映画のBD-isoは比較的快適に視聴できるんですが、アニメのBD-isoには壊滅的打撃というわけなんです.

なお、ギャラリーのアイコンはX8の画面のどこにも登場しません.バックグラウンド専用のシステムプロセスのような位置づけに格下げされているようです.QuickShortcutMakerというアプリでギャラリーのショートカットを作り、ユーザーが起動できるようにする裏技を試しましたが、X8では(Android6ではというべきか)実現できませんでした.


【動画再生アプリの妥協的利用術】
下記3種類を比較しました.どれも一長一短あるのですが総合的にZDMC経由ギャラリーが使い勝手がよいと思いました.それに加えて、X8にアタッチするHDDに格納するファイルはm2tsあるいはmkvなどとし、BD-iso再生を断念する、という運用がベターではないかと思います.

(VLC)  self-install
BD-iso    NG
フォルダ内連番再生   OK
サラウンド音声  NG       →強制的に2ch down mixされてしまう

(Home Theater経由ギャラリー)     pre-installed
(ZDMC経由Home Theater経由ギャラリー)     pre-installed
(MEDIA CENTER経由Home Theater経由ギャラリー)     pre-installed
BD-iso    OK複数トラック連続再生NG、BDメニューNG
フォルダ内連番再生    NG
サラウンド音声   dolby,DTSはOK    →LPCMサラウンドはNG

(ZDMC経由ギャラリー)    pre-installedだが設定に注意※
BD-iso    NG
フォルダ内連番再生    OK
サラウンド音声    dolby,DTSはOK     →LPCMサラウンドはNG

※ZDMCの設定について
ZDMC→システム→ビデオ→再生
1)Home Theaterを使いたくないのでこれをオフにする
2)フォルダ内連番再生のためこれをオンにする.
3)サラウンド音声が出ないな~と思ったら、ZDMC→システム→システム→オーディオハードウエア に様々な音声設定がありますので、適当にいじってみましょう.


【音声ファイル】
ZDMC経由ギャラリーにて、次のファイル形式の動作確認をしました.
AVアンプはソニーSTR-DN840です.
mp3, flac, flac-24bit/48kHz
bit stream型のファイルは所持していませんので動作確認をしておりません.


【3D再生は出来たか?】
使った3DTVはLGの製品です.ZDMC経由ギャラリーで正常に表示できました.
3Dファイルには複数方式あるようですが、試した3D動画ファイルは、この写真のように1フレームに左右が圧縮されたLRがはめ込まれた形式です.


【4Kファイルを再生できたか?】
4Kは試しておりません.4K TVも4Kソフトも持ってないのよ.


【サラウンド音声はできたか?】
わたしが使っているAVアンプはソニーSTR-DN840です.HDMIで接続.
ZDMC経由ギャラリーにて、次のファイル形式の動作確認をしました.
dolby 5.1ch
DTS 5.1ch
dolby TrueHD 5.1ch
dolby TrueHD 7ch
DTS 7ch
Linear PCM 2ch

意外にもダメだったのが、Linear PCM 5.1chでした.2ch down mixされるのではなく、無音声と認識されます.そのファイルはwindows+VLC playerでなら再生できるので、X8固有の問題と思われます.


【音声のOPTICAL IFは動いたか?】
わたしが使っているAVアンプはソニーSTR-DN840です.
ZDMC経由ギャラリーにて、以下を動作確認しました.
dolby 5.1ch
DTS 5.1ch

ちなみに、音声光ケーブルではLinear PCM 5.1chはその帯域ゆえ元から動作不能なはずです.LPCM5.1をdolby5.1chに変換してから音声光ケーブルに流してくれる機能がX8に在るかどうかは未確認です.(無音声と認識された時点で詰みと推測しています)


【ネットワーク機能は?】
ネットワーク越しのストレージからHD動画を引っ張ろうとすると何かとトラブルが起こりがちなのでHDD直結でいいやと考えています.そのためほとんど試していません.

windows SMBで接続し、PCのファイルにアクセスして動画再生はなんとかできました.無線LANだとHD動画ファイルを円滑に飛ばすのがキツくてコマ落ちが生じました.SDならOKかもしれない.あるいは有線ならHDでもサクサク動くかもしれない.

その他のネットワーク機能は、nfs, ftp, DLNA, AirPlayなどいろいろあるようですが試していません.


【ZDMCのプレイリスト機能】
良く判らなくて使いこなせていません.海外の動画サイトからkey word検索してstreamingするコンセプトのようなのですが、わたしはそういうの使わないだろうな.

その代わりに、フォルダ内のファイルを順繰りに自動再生してもらいたいと思います.そのくらいの機能でわたしには充分です.上に書いたとおり、ZDMCでそれが可能でした.


【firmware update】
ネットにはリセットボタンを押しながらpowerONなどという手法が書かれていたりしますが、現時点での最新firmwareでは別のやり方があります.

1)まず準備です.zidooからfirmwareをDLして.zipのままUSBメモリにコピーして、X8にUSBメモリを挿します.もしかしたらUSBメモリはFAT32であるべきかもしれません.

2)Home画面のABOUTをクリック →Updateをクリック
3)Local updateをクリック
4)DLしたファイルをクリック
5)updateして良いかどうか確認を求められます.update中にはこの絵が表示されます.
6)自動で再起動されます.やってみて判ったこととして、各アプリの設定情報は温存されるようです.


【総評】
様々な動画ファイルを再生できる万能プレイヤーはいつになったら登場するのだろう? そういう欲求を20年以上ずっと抱えていました.その20年間にわたしが見た風景は、放送がNTSCから地デジBSCSに移行し、メディアはDVD→BD→HDDと変遷し、CPU/GPUはGUI及びHDをサクサクと扱える程度まで高速化し、Linux→Android OSが出現しました.

思い返すとわたしは、数多くの動画再生ガジェットに投資してきました.そしてどいつもこいつも、百発百中でクズ ガジェットでした.そんな中でPS3は例外的に満足度の高い動画再生マシンでしたが、対応する動画フォーマットの少なさは如何ともし難く、とくにDVD-isoすら未対応なのは難点でした.サイズもSTBとは呼べない巨大さでした.

もっとも、windows+VLC playerが願望をほぼ達成済みと言って過言ではありません.しかし、いまどきTVの前にPCを置いて再生するようなかったるい視聴スタイルなんかしたくないから、VLC playerを使うのは専らPCモニタでした.ただしそのVLCでも、BD-isoは現時点でも直接再生はできません.(virtual driveにmountすれば再生可能)

そんな欲求不満で暗い過去のトラウマが蓄積したわたしにとって、zidoo X8は動画再生マシンの理想形に90%まで到達したプレイヤーであるといえます.上で書いたように、わたしにとっての残問題は、BD-isoのトラック連番再生、LPCM5.1chの2点のみといえるわけですから.ソフトウエアの漸進的改善を望みます.
しかもそれでいて価格は1万円ですからねぇ、安いわ.もっともそれは個人輸入だからであって、保証つきの正規輸入価格なら3万円になるかもですけどね.

X8の動作安定性は、Androidマシン及びアプリとしては水準以上と思います.いろいろなアプリの寄せ集めですから、操作法のシームレス感に不満な点はあるものの、アプリがハングったり、アプリがいきなりcloseしたりする場面は数日間あれこれと使っていて一度もありません.

X8の実態はTVサイズの巨大なタブレットに他なりませんから、リビングのTVがchromeやyoutubeに化けるところも便利だと思います.スティックPCと比較すると、各種IFが備わったX8を買うのがベターじゃないかとも思います.

最後に、たくさん実装されているnetwork機能を全くと言っていいくらい今後も使う気がないのには開発者に申し訳ないとしかいえません. orz

なお、くれぐれもこれはステマじゃないのよ

かしこ

本日は第二次朝鮮戦争開戦日になるのかな?

4月15日には核実験をしなかった北朝鮮でした.海外マスコミを平壌に呼んで人間の盾として保険をかけて、なおかつ自らも大人しくして開戦を避けるそぶりでした.

4月15日をパスしたならば4月25日が核実験候補日ということで、いよいよ今日ですね.

今日も大人しいままで核実験はしない気がする.

引き延ばしは北朝鮮に有利に働きます.
・5月9日に韓国の新大統領が決まって、誰が大統領になっても米朝開戦にはNoと云うでしょう.これは北にはとてもうれしい.
・中国が石油を禁輸すると言ってるけれど、中朝国境にいる江沢民派のシナ人は北朝鮮を支援し続けるだろうから、経済制裁による痛みはたかが知れている.
・US大統領選挙におけるロシアとトランプの癒着疑惑をFBIが調査中であり、トランプが弾劾される日が遠からず来るかもしれない.

そもそも、「レッドラインは核実験の準備だ」とUSが云ったのは自縄自縛的失敗でした.あのレッドライン発言の時に「なんだすぐに始めねぇのか?がっかり」と不謹慎な事を思ったものですが、北朝鮮としては核実験の準備をしなければ開戦せず、待ってりゃ開戦反対の大統領が南朝鮮に誕生するのだから「こりゃラッキー」と思ったに違いないです.

だから北の首領はUSの挑発に乗らず、今日も大人しくしたまま地下壕に潜んでいるのではないだろうか?

トランプは北朝鮮成敗の実績を出したくて、締切は5月8日で、北朝鮮は挑発に乗らず、中国はぬるい対応、韓国は無視され、日本は勝ち組に一枚噛みたいのと拉致被害者の進展を伺う、、、これが本日の状況.

GW頃に米軍が先制攻撃を仕掛ける可能性が高いんじゃないかな? (USのハッキングで核を起爆させたとしても真相は明かされまい)

5月9日を越えたらば緊張が長引くけど、いろいろとシャキッとするのでそれも良ろしいかと思いまーす.

かしこ

2017年4月23日日曜日

秩父、三峰神社の早朝は真冬の寒さに要注意 (3℃)

東京では桜の季節は完全に終わり、暑がりなわたしは短パンTシャツで過ごしています.

土日で、秩父にある三峰神社へ参拝旅行に行きました.三峰神社は最強レベルのパワースポットと云われており、近年は日曜日ともなると駐車場が大渋滞するくらいに人気だそうです.

でも、我々様御一行は大丈夫.なぜなら、三峰神社境内にある宿泊施設で一夜を過ごし、なんと今朝の7時から正式参拝という準備万端体制だったからです.

正式参拝ですからジーパン+Tシャツでは困るので、ポロシャツで参拝しました.東京の下界のうららかな気候に合わせてわたしは半袖でした.宿泊施設内では半袖で無問題だったのですが、拝殿への渡り廊下から先で理解不能な異常な寒さに見舞われました.
なんと、気温3度、真冬です
神社の正式参拝はどこでも15~20分ほどですが、さすがに真冬に半袖は無防備が過ぎました.あわや遭難といった厳寒でした.

三峰神社の早朝参拝にはどうかお気をつけください.季節が2~3ヶ月狂ってます.

↓秩父神社の拝殿に、Ichiro's Malt秩父蒸留所の樽が奉納されていました.神社でモルトとは面白い趣向.Ichiroを飲んだことがあるけど、特に感動はありませんでした.

-----
宴会の後の2次会で、氏子会の人々(老人)がこれからどーしようか?と深刻なハナシをしてました.若手の氏子会メンバーが育たないというどこにでもある悩みです.それは町内会でも神社でもお寺でもキリスト教会でも共通の悩みと思われます.

それに解なんかあるのかいな?

老人達から見た若手とは50歳以下ぐらいの世代を指します.そういう世代の行動様式は、、、盆踊りが告知される、面白そうなら盆踊りに参加する、だが盆踊りの運営には関与しない.クライアント&サーバー(C&S)のクライアントみたいな行動様式だとわたしは思ってます.

氏子会のある人は、神社でイベントを開催して集客したらどうかという、どこぞの業界のタイアップ戦略みたいな提案をしてました.それはすなわち大衆に向けたサービス展開のことですから、神社がC&Sのサーバー化する意味に等しい.クライアントに訴求する現代的な正攻法かもしれません.

だけどたぶん、老人達には自分達がサーバーになる気は薄いんです.なぜなら、町内会でも神社でもお寺でもキリスト教会でもどこでも、老人達が形成しているセカイは運営者(サーバー)と参加者(クライアント)が分離したC&S的セカイではなくて、運営者=参加者な村社会的セカイなんです.彼らが欲するのは村社会なんです.
だから、たとえ老人達がイベントサーバーになって大衆動員を達成しても、打ち上げ会に来るのはいつもの老人達だけで、後継者問題が解決してない事に気づいて愕然とするんですよ.それでもドン・キホーテを演じ続ける気力があれば、いつかは後継者が育つかもしれませんが、facebookすら使わない人々がリアル世界オンリーでオルガナイザー能力を発揮できる見込みは少なかろう.

ひら的には、地域に根ざしたセカイって奴が脆弱化せずに済むビジョンが見えません.

君子、危うきに深入りせずw

2017年4月22日土曜日

秩父へお参りの旅

土曜と日曜日、秩父までお参りの旅に行きます.

家内安全・商売繁盛・心願成就・身上安全・運気向上 などをいろいろ願ってきます.

雨は降らなさそうですが、もしかしたら寒いかもしれません.

それでは明朝早起きなのでこれにて失礼.

かしこ

2017年4月21日金曜日

proxxonフライス盤をCNCに改造する (24) ドライバA4988の電流制限

主要部品を組んでこんな全体形状になりました.少々問題が...
問題とは、、、
Z軸にスピンドルモーターを取り付けました.同モーターの重量は2kgぐらいありそうです.
さらにZステージの摺動ロスも加わって、Z軸のステッピングモーターが下がる方向は正常に動くのだけど、Z軸を上げる方向へは重すぎて動かなくなっちゃったんです.トルク不足です.

今まではXYステージを扱ってきて、所詮は水平駆動ですからステッピングモーターのトルク不足は感じませんでした.でもZ軸はあきらかに重たいです.

↓arduino CNC shieldステッピングモータードライバのA4988というICが載った基板には、電流制限用のVRが載っています.いままでこのVRを調節せずに使って来ました.ですがそろそろ強烈な電流を流し込んでやるべき場面が来たようです.
調整するにはVRを回せばよいのですが、狙いはどうすればいいのか?
A4988のデータシートにこういう式が書かれています.
Itripmaxがステッピングモータに流す最大電流なのだと思います.
Vrefは、上の写真のVRの上面電極の電圧です.テスターで測定できます.
Rsは、上の写真のS1Y,S2Yとシルクが打たれた抵抗です.写真から、0.1Ωになっています.注意を要するのは、「真正A4988ドライバ基板」であればこのRsは0.05Ωまたは0.068Ωなのですが、わたしが入手したパチモン基板にはR10すなわち0.1Ωがついています.
皆さんが入手されたパチモンA4988基板でもこのようなイレギュラーがありうるので現物目視で確認しまょう.念のため右にA4988基板の回路図を貼っておきます.

それで、わたしはステッピングモーターに2A流したいと思います.理由はA4988の最大電流が2Aだからです.
最大電流を2Aに設定するためにVrefをいくつに設定したらよいか?を考えます.
Vref = Itripmax * 8* Rs
= 2*8*0.1 = 1.6V
このパチモンA4988基板ではVref=1.6Vに設定すれば2A流せるとわかりました.

テスターでVRの上面電極(マイナスドライバで回すところ)の対GND電圧を測りながらVRを回します.だがしかし、この基板の設定だと1.6Vまでは上がらず、1.26Vが最大でした.(定数変更すれば可能になるがそこまでしなかった)

ゆえに、Vref=1.26Vとすると、最大電流は約1.6Aになったはずです.

これにて、トルク不足のZ軸も上下動できるようなりました.

-----
A4988基板の放熱について.

A4988は2Aまで流す能力を持つのですが、それ相応に発熱するらしく、小さいけど放熱器が同梱されています.
両面テープで貼ると熱抵抗が増えそうだし、熱くなって両面テープの接着剤がドロドロ溶けそうなので両面テープはやめておきます.
エポキシだと厚塗りになってしまいそうで、熱抵抗が増えそうなのでやめておきます.
瞬間接着剤がよろしかろうと思い、乗せてみたのが上の写真です.

でも、「うぅっ」とうめいて手が止まってしまうんだなぁこれが.

ICの周辺にあるチップコンデンサとショートしそうだからです.部品高さがICとチップコンが同じくらいなんだもん.

あ~かったるい.ひとまず放熱器は放置プレイでいいや.

23へ       25へ

かしこ

2017年4月20日木曜日

【執着】LED懐中電灯を改造する

LED懐中電灯の電池持ちを測定したのがこちらの記事でした.
LED懐中電灯の回路を解析したのがこちらの記事でした.

今回は、同等のLED懐中電灯だが別製品を買ったので、性能差を調査するのと、改造をしました.
↓寸法上は同じと言ってよいでしょう.プリント基板もYN-20-5という前回の物と同じでした.以下では、最初に買ったのをA、後で買ったのをBと呼びます.
↓外観は同じだったわけですが、放電開始時の電流は、A=0.96A、B=1.45A でした.つまり消費電流はBが1.5倍も大きかったのです.
当然ながら、Bの電池持ちは悪いです.Aの電池持ちが約180分なのに対して、Bは約120分でした.そんなに明るく光らなくても良いから、Bでも180分持ってくれと思いました.
↓そこで改造して電流制限をキツくしてみます.プリント基板YN-20-5に在る、1Ωの4パラを、2ヶ外して2パラに減らします.抵抗値でいえば0.25Ω→0.5Ωになった計算です.
↓電流制限をキツくした結果は、マゼンタ色のラインです.放電開始電流=1.05Aになり、電池持ちは170分ぐらいに延命しました.

このような消費電流差が何に起因したのか? それはたぶん、LEDの順方向電圧降下の製品差と思われます.AB差で3.1Vと3.0Vぐらいの差異だと想像します.確認のためLEDをAB交換してみて、消費電流の大小がLEDについて回ることを確認しました.
↓ちなみにAのLEDは無記名でしたが、BにはCREEと書かれていました.

----------
改造のもう一つの目的があります.
それは前回で書いた、厄介な5modeです.点滅モードなんか不要ですから.

↓プリント基板YN-20-5の黄色枠のところのコンデンサは、1uF実測でした.前回考察したように、電源断続に晒されてもこの1uFがあるおかげでmodeを記憶し続けられるカラクリだと推察されます.
したがって、この1uFを撤去してしまえば、電源断続の毎にmodeを記憶喪失するはずです.default modeで起動するはずです.
結果は期待通りでした.
default modeは最高光度で点灯するmodeでした.
電源スイッチのチャタリングで意図しないmode遷移が生じてしまうのではないかと危惧しましたがその兆候はありませんでした.

以上により、
  1)電流制限=電池持ち改善
  2)5modeの廃止
の2つの要件を達成することができました.

しかし、まだまだ執着は続くのです.
  3)リチウム充電地26650による長寿命化
  4)電流源回路の自作
この2つを検討してゆく所存です.

前へ          次へ

かしこ

proxxonフライス盤をCNCに改造する (23) Z軸出来上がり

しばらくぶりのproxxon改造ネタです.

Z軸へのステッピングモーター装着が出来ましたので、まだ部品状態ではありますが、モーターを動かしてみました.

これで完成形態に組み立てれば、お絵描きぐらいなら出来るはずです.

しかし、画像をGRBLに変換するソフトの見極めがまだ済んでいません.

22へ         24へ

かしこ

「謎の彼女X」の中の人が同棲開始という件

「謎の彼女X」のファンの皆さん、注目!
このビデオには心臓がバクバクしてしまいます.切ないものがある.
卜部美琴ならばこのような外面的事象に惑うことは無いだろう.よだれの絆があるから.
吉谷彩子さんお久しぶりです.
ビズリーチ!

踏み切り自殺の救助者巻き込まれの不思議、障害者介助の視点から

踏み切り自殺の老人を助けようとした男性が巻き添えで二人とも死にました.
川崎市川崎区の京急電鉄八丁畷駅前の踏切で、踏切内にいた高齢男性を救助しようとした男性とも電車にはねられ死亡しました.

美談にするな.無謀な救助は愚かだ.そんなコトを申すつもりはありません.

ただ、救助者までもがどうして電車に轢かれたんだろう?という疑問がアタマから離れません.

わたしは、日常的に、自分の体重(70kg)とほぼ同じ体重の身体障害者の介助をやっています.そんなわたしが件の踏切事故状況を分析するニュースを見て、あぁぁぁこりゃダメだ、と納得しました.あの救助のやり方だと巻き添えはあり得ると思いました.

救助状況はこうだったらしいです.
・踏み切りに高齢男性が侵入
・救助者が踏み切りに侵入  (急行電車が迫っていた)
・キルゾーンにて、救助者は高齢男性に後ろから抱きつき、脱出を図った
・たぶん、動けなくなって轢かれた

これはだめだ、抱きついた時点でおだぶつでした.
70kgの貴方が、全く歩く気の無い70kgの他人を抱き上げて、合計140kgになった状態で、差し迫る電車のキルゾーンから脱出することはほぼ不可能です.はっきり言って、合計140kgになった時点で、動きが止まります.前にも後ろにも進めず、そこで立ち止まって急行電車に轢かれるまでの2~3秒を抱き合って過ごして人生終了です.

こんなの、なまじっかスポーツが得意で、ドライバーで快心の弾道をスパスパ打てるような人は自分の能力を過信してしまうものなのかもしれません.そういう人は試してみたらいいです.同僚を抱っこして合計140kgになった自分が自動ドアの向こう側へスタスタと歩いて移動できるかどうかを.とくにホワイトカラーは全然ダメじゃないかな? 自衛隊の人なら出来るだろうが.

踏み切りでスタックしている人や車を見かけて、救助のために踏み切り内に侵入するのを、わたしは否定しません.電車の陰がまだ見えない段階なら救助できる可能性が高いわけだから.

問題は、電車が近づいているときにはどうしたらよいのかです.

わたしは被介助者を移動させる場面で、どうやったら安全に移動できるかをその都度考えるクセが身についています.それはAB間の距離や障害物だけでなく、床の傾きや靴の滑りやすさも考察対象です.可能か無理かの判断をその都度下すんです.
当ブログで以前書いた、エスカレータの上から降ってきた女性を見殺しにしたエピソードはまさにそれです.なんでもかんでも腕を掴んで持ち上げれば人助けになるとは限らないのです.

では、川崎の踏み切りでわたしが救助するとしたらどうしたか?

0)現場へ走る間に、どうやって老人をキルゾーンから脱出させるか、プランを考えます.プランがまとまらないうちに老人が轢死体になってもそれは仕方ありません.

1)抱きつき救助は絶対にしません.抱きつくという行為は、被救助者にのしかかってその場で静止するのが関の山で、自分も巻き添え不可避です.何のメリットもありません.

2)老人に体当たりして転倒させる手があります.転倒した老人がキルゾーンから脱出すれば成功ですが、残念なコトに運動量を失った自分がキルゾーンに取り残されて轢死体になってしまいます.アニメでよくあるシーンですね.

3)自分はキルゾーンの外に居て、老人の手か服を引っ張って転倒させます.急行電車通過までの時間が許す限り、コケた老人をセーフゾーンへ引っ張ります.老人の体の一部がキルゾーンに残ったら切断されるでしょうがそれは仕方ありません.ひら的にはこの手がオススメと思われます.

エイメン

2017年4月17日月曜日

いまさらPythonというプログラミング言語に触れるわたくし

わたしはハード屋なので、ソフトについてはとてもいまいちな人材です.可読性?メソドロジ? 知らんわそんなの!

開発用途のダラダラプログラミングしか知らないわたしのプログラム言語遍歴はこのようになっています.時系列順に、、、

アセンブラ
高校から大学まで、6800とか6809を趣味で.
社会人3年目ぐらいまで、8085を仕事で.

BASIC
大学のころアルバイトで少し.Z80や8086とドットインパクトプリンタで会計ソフトを作ってました.あの当時の非力なシステムで会計ソフトとは、かな~りゲスな代物だった

C
業務でNEWSのunixを初めて使う.シミュレーション用途にgccをたくさん使った

(PASCAL,fortran,Lisp,AWK)
知る由もない

perl
unixにて、簡単なtoolを作るならCよりもお手軽でいいやと思い、いろいろ使った

verilog
logic設計用途でたくさん使うが、VHDLは1mmも知らない

(ruby)
世間では一時的にプチ流行しましたがperlでいいやと思って挫折

(java)
世間では本屋がjavajavaになるくらい流行してたようですが、わたしにはjavaでやりたいことが無いと気付き、挫折

C++
オブジェクト指向するほどの本格的なソフト開発なんかしないので長い間c++の必要性を感じなかったが、opencvで画像データを扱うにはC++は便利でよいと思う

Python
本屋にいくと、一時のjavaを髣髴とさせるくらいpythonの本が多い.
わたしのあだ名は「ひらぴー(hirapy)」なのだが、pythonのライブラリはnumpyとかscipyとか、末尾に-pyが付くので僅かではあるが神経を逆撫でされる.

-----
たまに画像処理をする必要があって、ライブラリはいつもopencvを使います.
Cでopencvするよりもc++でopencvする方が楽チンです.pythonでもopencvが使えるらしいので、10日ぐらい前からpython+opencvを使い始めましたら、もっと楽チンだと判りました.インタプリタのお手軽さ、ライブラリを喰わせるのが簡単、コードが短い、、、巷間よく言われる通りの感想です.

それにしても、opencvをインタプリタから呼び出す時代が来るとは、8bit CPUの頃から生きている者としては隔世の感があります.pythonで画素を全部計算したりするとやはり遅くて、インタプリタの限界を感ずるものの、DLL call onlyでプログラムできれば比較的快速に動くらしいですから、なんだか便利な世の中です.

perlを最初に触ったとき、ずいぶん何でもアリな言語だなと思いましたが、pythonはもっと何でもアリアリという感想です.{}や;が出てこないので条件反射的に不安を感じてしまいます.あと、型宣言をしませんから、型不整合のerrorやwarningが出ると、いま何型なんだろ?ってしばし悩みます.pythonは型不整合をperlよりも厳密に処理するみたいに感じます.

↓pythonのイメージキャラクターはヘビのパイソンです.
↓ひら的には色使いが同じなので「ワニのウォーリー」を連想してしまう.あぁマンガキッドボックス...
かしこ

2017年4月16日日曜日

【分解】LED懐中電灯を完膚なきまでに破壊してしまった(回路焼損)

こちらにて、LED懐中電灯の電池持ちを測定しました.

今回は同LED懐中電灯の回路がどうなっているのかを知りたくて、完膚なきまでに分解しました.再度組むつもりだったのですが、回路を焼損してしまったため、死亡してしまいました.

↓中華通販ではCREE XML-T6と表記されることの多い外観のLED懐中電灯ですが、わたしが入手したのはパチもんです.
それでは分解してみます.

↓電池の出し入れはお尻の部分を外して行います.お尻の部品にはスイッチのみが在り、LEDドライバ回路は無いようです.回路は何処にあるんだろう?
↓LEDはこのように見えます.ネジ構造で外せるようになっています.
↓ネジでバラせるのはここまでです.
↓LEDモジュールはこのようにポロリと外れます.
↓そして筒の中を覗くと、奥に回路が入っているんですね.
↓その基板を拡大すると、YN-20-5と書かれています.この型番でネット検索してみますと、同じような分解をした人は海外に多く居るようです.
YN-20-3という型番も存在します.
末尾の5は5modeを表し、末尾の3は3modeを表しているようです.
3modeとは、明→暗→点滅の3種類の発光パターンを意味します.
5modeとは、明→中→暗→点滅→SOSの5種類の発光パターンを意味します.

わたしがこうして分解している理由はこのmodeにあります.modeなんか不要なんです.いつも最大輝度で光ればいいわけで、SOSなんか誰が使うかっつうの.電源を入れるとピカピカ点滅なんかしてくれたって有り難味はないですから.常時遭難してませんから.

USのサイトには同じ悩みを持ち、単純なON/OFF動作に改造したい人達の会話があります.そのスレッドのタイトルは「Trying to remove strobe mode from LED」ですからそのものですね.こういう変態達の層の厚さはUSならではと云えるでしょう.

ところでこのYN-20-5の写真を見て、変な感じがしませんか?
・1つだけ在る半導体がどうして3端子なんだ?
・5modeの制御はこの半導体が司っているはずだ
・出力にコイルもコンデンサも無いのでスイッチング回路ではなく、アナログ定電流回路なのか?   →オシロで波形観測してスイッチング電源でないことを確認した

↓プリントパターンから推測される回路はこうなりました.う~ん、、、なんじゃこりゃ?
アナログ電源だという前提で、0.25Ωの意味はなんでしょうか? 考えられるのは2つ.
1)電流制限抵抗
2)電流検出抵抗

1)電流制限抵抗という説は考えにくいです.電流制限を抵抗でやるならば半導体はただのON/OFF素子と考えられ、LEDのVf=3V、リチウム電池=3.7Vと仮定すると、(3.7-3.0)÷0.25=2.8Aも流れてしまうからです.前回の実測値で約0.65Aだと判っているので辻褄が合いません.

2)電流検出抵抗と考えたいところですが、0.25Ωの両端に発生する電圧は160mVぐらいです(@0.65A).その一方で、LEDのVfは2.7~3.2Vぐらいの振れ幅がありますかねぇ? だとすると、LED Vfのバラツキに翻弄されて電流検出精度がコケてしまいます.

↓電流検出抵抗を実装するにはこんな回路にするのが通常です.これならLED Vfと0.25Ωの両端電圧を区別できますから.しかし4端子の半導体になってしまいます.
そんなわけで、YN-20-5の回路はよくわかりません.0.25Ωの存在理由もいまいち不明です.

↓そういう時は半導体の型名で追うのがベターです.HL6E1という文字が見えます.しかしこの番号で検索してもヒットしませんでした.lot numberなのでしょう.
digikeyで、3端子で1Aぐらい流せるLEDドライバを検索したけど、該当する製品は存在せずでした.どうやらこの謎のLEDドライバは仕様非公開なICであるようです.

↓仕方ないので謎のLEDドライバの内部構造を想像してみたのが赤枠のところ.LED端子電圧が0.54Vになる定電圧源なのではないかという苦しい仮説です.(これだとVbがマイナスなのはさておく)
↓前回測定した電池電流の時間推移がこれです.これを見ると定電流駆動できている気がほとんどしません.謎のLEDドライバのグラグラな性能ゆえこうなっているのではないかと、今にして思います.
謎のLEDドライバの仕様調査は、以上で手詰まりとなりました.

-----
5modeの輝度可変についての考察です.

輝度可変のために、上の回路のベースをon/offさせる回路が内蔵されていると想像します.輝度可変の様子をチェックするためにLED両端電圧を観測しました.

↓まずは中輝度のときです.268Hzで断続され、duty=50%です.off時に0VにならないのはHi-Zゆえの現象なので気にする必要はありません.
↓次に低輝度のときは、duty=25%です.
↓最後に最高輝度のときは、duty=100%です.
これらの波形に、10kHz~1MHz程度のスイッチング波形は観測されなかったので、このLEDドライバはアナログ電源だと考えられます.

-----
5modeをcyclicに切り替えるカラクリについての考察です.

YN-20-5に、Cと1MΩが載っています.Cだけなら電源パスコンかな?と思うところですが、なぜか1MΩがついていますから、何らかの時定数を形成していると推察されます.C=1uFと仮定すると、時定数は約1秒です.
mode切り替えは、電源スイッチをカチカチとoff/onして行います.電源の断続行為ですからcyclicな切り替えは本来不可能です.そこで、短時間の電源断なら記憶喪失にならないようにこの時定数が電源ラインに付属していると考えられます.

ならば、この時定数を外してしまえば、cyclicなmode遷移が遂行されなくなり、常に5modeの初期設定で起動するようになるのではないか? そして同初期設定が最高輝度であれば、単純なON/OFFで使いたいという所期の目的が達成されると予想されます.

それを実際に試してみました、、、、と言いたいところなのですが、半田づけしていじってるときに半導体パッケージが焼ける匂いがして、詰んでしまいました.

ひとまず、我に続く人柱諸氏の健闘に期待することとしよう.

今宵はここまでにしておきたく思います.

前へ        次へ

エイメン

東芝フラッシュの売り先について、ホンハイでもいいや

東芝のフラッシュビジネスを、2兆でも3兆円でも買いたがっているのは、WDと、Appleホンハイの2陣営に収束したみたいでしょうか? 日本政府系が奉加帳を回して集まりそうな資金が5000億円でどうかなぁと、見劣りする第3陣営を形成しているようです.

ひら的にはかつてのDRAMを思い出します.
日本のDRAM生産各社の業績が悪化して、日本政府が支援するエルピーダに統合されました.それでもエルピーダのDRAMビジネスは厳しい情況が延々と続いています.

皮肉だなぁと思うのは、かつては国家戦略として保護育成する必要が在ると考えられたDRAMが、今となっては重要度が低下してしまったことです.DRAMだけでなく、IntelのCPUもMS Widowsも、PCの販売が頭打ちになって以降は、重要戦略物資としてのランクがガタ落ちしたように思います.
OSはLinuxでもいいんじゃね? 事務作業は非officeでもいいんじゃね? CPUはARMでもいいんじゃね? そもそもPC使わなくね? って... かつてのメインフレームがダウンサイジングと称するPCに侵食されたように、いまのPCはスマホとクラウドサービスに侵食されまくってます.

信号処理性能の重要度低下が見られるハイテクビジネスの風景の中で、データストレージの重要度は未だ衰え知らずであると思います.
なぜなら、スマホを使う一般人がSNSや写真や動画という形でどんどんデータを生成するようになり、そのデータがスマホのフラッシュに蓄積し、フラッシュが満杯になるとクラウドにデータ移行する.クラウドとはすなわちどこかのデータセンターのHDDかフラッシュです.データセンターの記憶容量が足りない...
データセンターの経営者が消費電力が大きいHDDに期待しているとは思えず、彼らの頭はフラッシュへの期待でパンパンになっていると思います.

だから、東芝フラッシュビジネスを2兆円でも3兆円でもいいから買収したい人が居る.また、日本国としても東芝のフラッシュを保護したい.日米は東芝をシナに渡したくない.東芝フラッシュを巡ってそんな思惑があるわけですよね.

たださぁ......とはいってもねぇ.....

DRAMやCPUやOSというあれだけ重要と思われた戦略的テクノロジが、なんだかもう往年の輝きを失ってしまった現場を我々は目の当たりにしているわけですよね?

だったらフラッシュもそうならない保証が何処にあるんだろう? と思うんです.

DRAMの輝きが失われた理由は、もうそんなに大容量でなくても良くなっちゃったからでした.  →飢餓感減少
Pentiumの輝きが失われた理由は、ARMという代替品の性能で充分になっちゃったからです.   →唯一感減退
Windowsの輝きが失われた理由は、Linuxという代替品で間に合うようになっちゃったのと、モバイルOSの方が数が多いからです.    →唯一感減退

それでは現時点のフラッシュの置かれた情況はどうでしょうか?
・ストレージ容量は不足気味    →飢餓感あり
・フラッシュの代替物はあるか?     →無い   (HDDは過去の物)
どうやら、長期間に渡りフラッシュビジネスでenjoyできそうです.DRAMやCPUやOSよりも長くenjoyできそうです.

ただそれでも、いずれはフラッシュの栄華ですら終わる日が来ます.
i386やi486を渇望していた1992年ごろから数えて2017年の今は25年後の未来です.四半世紀も経てば、技術も市場も様変わりするものです.
フラッシュが2017年の今を起点にした25年後、すなわち2042年まで順調に大容量化を果たせるとは少しも思えませんし、それ以前にスマホのストレージ容量が1TBになる日が来れば消費者の飢餓感も失せるに違いありません.また、フラッシュがNRAMのような新参メモリに駆逐されるかもしれません.
フラッシュビジネスで10年間ぐらいはenjoyできるかもしれないとは思いますが、その先はもはや「10年先は闇」ではないかと、半導体業界をそのように見ますね、わたしは.

だから、東芝のフラッシュビジネスに国家戦略的な匂いを嗅ぎ付ける必要性は、今日の我々が危惧するよりも少ないのではないかと思うんです.拘ったとしてもDRAMの二の舞になるかもしれません.

ゆえに、東芝フラッシュの売り先がホンハイでもOKかもと思うんです.ホンハイは面白いかもしれませんよ.中華クオリティでbit単価が異常に安いゲテモノフラッシュをホンハイが作るかもしれないから.そういうゲテモノは中華様にしか作れないから.(以前こちらの記事で書きました)

だいたいですね、ストレージなんか、少々エラーが生じてもOKなんですよ.エラー訂正するなり、RAIDにするなり、システムでリカバリできるようにしておけばOKなんです.モバイルデバイスのストレージではエラーが多発すると厳しいかもしれないけど、データセンターならエラーリカバリをシステムで行うことが最良のコストパフォーマンスへの道であろうと想像します.

てなわけで、Appleホンハイが3兆円で本当に買ってくれるのなら、それでもいいかなと、東芝フラッシュについては醒めた目線でいるわたしなのでした~

かしこ

2017年4月14日金曜日

LED懐中電灯の持ちをアルカリ電池とリチウム充電池で比較した

仕事で懐中電灯を使います.一に明るさ、二に電池の持ち時間、三にズーム機能、という要求があります.電池の持ちは、最高光度の点けっぱなしで6時間持ってくれるとうれしい.

カタログスペックで1000LMのLED懐中電灯を買いました.これの電池持ち時間はどのくらいなのかを測定しましたので報告します.
条件は以下のようになります.
↓アルカリ電池は秋葉の上海問屋で買った単4です.3本直列接続してLED懐中電灯にぶっこんで使います.
↓リチウム充電池は、サイズが18650で、少しばかり古い品なので公称容量が2200mAhしかありません.今では3500mAhの製品が流通しています.
↓充電器は1本用です.充電終止電圧は4.2V
↓OLYMPUSのデジカメTG-870にはタイムラプス撮影機能がありまして、テスターの表示値をビデオ撮りしてロガーとしました.TG-870には耐久性でも機能でも広角さでも満足してます.

↓以上の条件で、LED懐中電灯の光度最強で、電池の出力電流を測定しました.ブルーがリチウム、赤がアルカリです.
このグラフから判ることは、、、
・アルカリ電池の性能はダラ下がりで見るも無残としか言いようがない、使う気にならない
・リチウム充電池は180分持った
・リチウム充電地における通常運転期間のVA=3.7V 0.65Aだとすると、約2.4Wを消費している
・この手のLEDライトは定電流回路で駆動されていると想像しているのだが、この右肩下がり特性からすると定電流源になってる気がしない.なんでだろ?
・2200mAhのリチウムで3時間持ちだったので、3500mAhのリチウムなら4.8時間持つと計算される

↓ここで使ったLED懐中電灯はサイズが太い26650という電池にも対応しているんです.
↓26650のリチウム充電池には公称8800mAhなどという巨大な製品があります.注文したので届くのを待っているところです.計算上は、8800mAhだと12時間持つと期待されます.12時間ならOKすぎてお釣りが来ます.

------
↓リチウム充電池の、充電中の電圧電流を測定しました.
・充電開始電圧=3V    充電終止電圧=4.2V
・充電電流は基本的に0.45Aなのだが、端子電圧3.7~4.1Vの範囲では、充電電流が断続されている.    →下図の変動領域がそれ
・充電器に内蔵されているICはTP4221Bだと思われるが、ネットを探しても中文のデータシートしか存在しないので、電流断続が何を意図した動作なのかは不明

26650が入荷したら続報を書きます.期待通りに12時間持ったらすごい.
リチウムよしっ、、、